福島のニュース

除染廃棄物の流出90袋に 台風19号福島県内

 東京電力福島第1原発事故の除染で発生した廃棄物を収める大型土のう(フレコンバッグ)が台風19号の大雨で流出した問題で、環境省は1日、福島県内の流出数は90袋に上るとする推計結果を発表した。
 流出したのは田村、二本松、川内、飯舘計4市村の仮置き場。これまでに49袋を回収し、24袋は内容物が流れ出ていた。周辺の放射線量や水質への影響は確認されていないという。
 環境省などによると、4カ所の仮置き場は近くに河川や水路があり、台風19号に伴う氾濫で土のうが流れ出た。大半は落ち葉や草木などの可燃性廃棄物が収められていたとみられる。
 再発防止策として流出があった仮置き場からの搬出を急ぐとともに、応急的な対策として河川側に流出を食い止める柵を設ける。今回の流出原因を検証し、仮置き場の維持管理マニュアルに反映させる。


関連ページ: 福島 社会

2019年11月02日土曜日


先頭に戻る