宮城のニュース

支援の手 宮城県内外から 丸森に3連休中2400人超のボランティア

民家に流入した土砂や草木を片付けるボランティア=4日午前11時ごろ、宮城県丸森町金山

 台風19号豪雨で甚大な被害を受けた宮城県丸森町に、2〜4日の3連休を利用し、県内外から大勢のボランティアが駆け付けた。
 町災害ボランティアセンターによると、3日間で延べ2400人以上が参加。依頼があった住宅で泥のかき出しや室内の片付けなどを手伝った。
 3連休中、県社会福祉協議会などがJR仙台駅発着のツアーバスを運行。山形市の山形県社協発着のバスツアーもあり、これらを利用して延べ630人が町に入った。
 4日、バスツアーで訪れた仙台市若林区のシステムエンジニア庄司康次さん(43)は「ボランティア向けのバスツアーがあったので気軽に参加できた」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年11月05日火曜日


先頭に戻る