宮城のニュース

大粒の特産イチゴに行列 宮城・亘理で無料配布

行列ができた特産イチゴの無料配布コーナー

 みやぎ亘理農協の「とれたて収穫祭」が9日、宮城県亘理町吉田の亘理山元いちご選果場であり、出荷シーズンを迎えた特産イチゴの無料配布を求めて、大勢の人でにぎわった。
 大粒の「とちおとめ」3粒が入ったパック600個を用意。午前10時の開始前から行列ができ、10分足らずでなくなった。
 孫2人と並んだ同町長瀞地区の農業氏家寿重(ひさえ)さん(59)は「孫がイチゴ好きで、毎年、イチゴジャムを作り、牛乳やパンと食べている」と話した。
 イチゴやリンゴ、白菜などの品評会と即売会、舞台イベントも行われた。


関連ページ: 宮城 経済

2019年11月10日日曜日


先頭に戻る