宮城のニュース

丸森の台風被害391億円に

 宮城県丸森町は11日、台風19号による公共施設や産業の被害額が約391億1800万円に膨らんだとする調査結果を災害対策本部会議で示した。河川などの被害状況がまとまり、6日に発表した前回分より約65億円増えた。
 被害の内訳は、道路や河川などの公共土木施設が682カ所で約123億8300万円に上る。このうち河川が338カ所で約47億6400万円。前回は57カ所分だった。農林業施設は1681カ所で約175億5700万円。
 農作物や林道の調査が続いており、被害総額は増加する見通し。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年11月12日火曜日


先頭に戻る