宮城のニュース

定時制高生の半数、不登校経験 県教委調査

 不登校や中途退学などを経験した生徒の学び直しの在り方を探る県教委の検討部会が11日、県庁であった。県教委は、高校の定時制に在籍する生徒の約半数が不登校を経験しているとの調査結果を示した。
 県教委は県内の定時制11校を中心に、県立高に在籍する不登校経験者の人数などを把握する調査を実施。調査時に定時制に在籍していた生徒1016人のうち、50.6%(514人)が不登校を経験したと答えた。全日制などを中退し、定時制に転校した生徒は49人だった。
 就労しながら定時制に在籍する生徒は35.8%(364人)。サービス業に従事する生徒が多く、就労形態は356人がパートやアルバイト。正規雇用、自営業などが各4人だった。
 県教委教育企画室の大町久志室長は「定時制は経済的な事情がある生徒だけではなく、不登校経験者の受け皿の一つになりつつある」との認識を示した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年11月12日火曜日


先頭に戻る