宮城のニュース

宮城・栗原の台風19号被害33.5億円に

 宮城県栗原市は12日、台風19号による市内の被害額が約33億5000万円(11日現在)に上ると、市議会全員協議会で報告した。
 主な被害は、農道、水路、ため池など農業用施設が640カ所で約13億3700万円。市道と河川が392カ所で約6億8300万円など。
 住宅被害は半壊23棟、一部損壊42棟で約11億1000万円。農作物被害は水稲約110ヘクタール、大豆約86ヘクタールで約1800万円。農林施設や農作物などの調査が続いており、被害総額は増加する見込み。


関連ページ: 宮城 社会

2019年11月13日水曜日


先頭に戻る