宮城のニュース

女川2号機再稼働 月内にも「合格」か 規制委員長が見通し

女川原発

 再稼働に向けた審査が大詰めを迎えた東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)について、原子力規制委員会の更田豊志委員長は13日の定例記者会見で、新規制基準への適合を認める審査書案を11月末から12月初めに議論する見通しを明らかにした。早ければ月内に、事実上の合格となる可能性がある。
 更田氏は「順調にいけば2、3週間で、月が替わるあたりに案を示せるのではないか」と述べた。
 審査書案が規制委の委員5人が出席する定例会合で了承されれば、事実上の合格となる。手続き上は意見公募(パブリックコメント)などを経て、再度の定例会合で正式合格となる。
 東北電は2013年12月に2号機の審査を申請し、審査会合の開催は約6年間で176回に上る。再稼働の時期は、3400億円程度の安全対策工事を終える20年度以降を目指す。
 原子炉建屋のひび割れや剛性(変形しにくさ)低下など、東日本大震災で被災した影響が固有の課題となった。
 更田氏は「技術的な細部に入って検討してみると、思ったよりも時間がかからなかった。取り掛かる前に比べると、審査は順調に進んだという感触を持っている」と振り返った。


2019年11月14日木曜日


先頭に戻る