青森のニュース

八戸・女児切り付け 「誰でもよかった」容疑の中学生供述

 青森県八戸市の路上で小学校6年生の女子児童が首を切り付けられた事件で、八戸署などは13日、殺人未遂の疑いで市内の男子中学生(14)を逮捕したと発表した。中学生は容疑を認めており、捜査関係者によると「誰でもよかった」「殺すつもりだった」という趣旨の供述をしているという。青森県警は無差別に狙った可能性も視野に調べている。
 逮捕容疑は、12日午後4時40分ごろ、同市新井田西1丁目の路上で、帰宅途中だった女児に後ろから歩いて近づき、喉付近を刃物で切り付けて殺害しようとした疑い。中学生は現場から逃走したが、市内で発見された。
 県警によると、女児は中学生と面識がなかったとみられる。現場近くの防犯カメラには、事件があった時間帯に紺色のリュックサックや手提げバッグのようなものを持った中学生の姿が写っていた。
 捜査関係者によると、中学生の自宅などからはカッターナイフ2、3本が入った学校指定のリュックや手提げバッグが見つかり、任意提出を受けた。犯行時に着ていたとみられる衣服も自宅などで発見した。県警は中学生が下校途中だった可能性もあるとみている。
 県警は当初、傷害事件として捜査したが、中学生の供述内容や女児の傷の状態などから殺人未遂容疑で逮捕した。女児は市内の病院に搬送されたが、意識はあり会話もできる状態という。


関連ページ: 青森 社会

2019年11月14日木曜日


先頭に戻る