青森のニュース

「殺してみたかった」 青森・八戸の女児切り付け 容疑の中学生、後悔の念も

 青森県八戸市の路上で小学校高学年の女子児童が首を切り付けられた事件で、逮捕された市内の男子中学生(14)が「誰でもいいから人を殺してみたかった」という趣旨の供述をしていることが14日、捜査関係者への取材で分かった。青森県警は同日、中学生を送検した。
 中学生は他にも、「殺すつもりだった」「カッターナイフで切り付けた」といった当時の心境や犯行手段に関する話もしているという。中学生の自宅などからはカッターナイフ数本が見つかっている。
 一方で、中学生は逮捕前の事情聴取に対し、「こんなことをしなければよかった」などと後悔の念をにじませたという。
 中学生は12日夕に八戸市新井田西1丁目の路上で、下校途中の女児の首を刃物で切り付けたとして、殺人未遂の疑いで逮捕された。青森県警は事件前後の詳しい足取りや、女児を襲った動機などを調べている。


関連ページ: 青森 社会

2019年11月15日金曜日


先頭に戻る