宮城のニュース

れいわ新選組、東北行脚 山本代表、次期衆院選「全都道府県で候補者擁立目指す」仙台で演説

仙台市中心部で街頭演説するれいわ新選組の山本代表=15日午後6時15分ごろ、青葉区一番町2丁目

 れいわ新選組の山本太郎代表が、次期衆院選を見据えた地方での支持拡大を狙い、東北で街頭活動を展開している。7月の参院選で2議席を得た同党。衆院選で候補者100人を立てる方針を示しており、東北での擁立にも意欲を見せる。
 山本氏は15日午後6時、仙台市青葉区一番町でマイクを握り、聴衆と質疑応答を繰り返す「街頭記者会見」を開いた。仕事帰りのサラリーマンらが足を止め、約300人が集まった。
 水道3事業の運営を民間に一括して委ねる宮城県の「みやぎ型管理運営方式」を不安視する質問に対し、山本氏は「世界は再公営化を進めているのに、なぜ宮城で真っ先にやるのか」と県の姿勢を批判した。
 報道各社の取材に応じ、次期衆院選について「全都道府県で候補者擁立を目指す。東北、宮城でも立てる」と強調。一方で「消費税を5%に減税」で野党勢力が一致できれば、候補者調整に臨む考えを示した。
 12日は旧自由党で行動を共にした小沢一郎衆院議員(岩手3区)の地元・岩手に入った。盛岡市中心部での街頭記者会見後、取材に対し、東北での支持拡大について「東北は中央に収奪され続けてきた歴史がある。これ以上の乱暴狼藉(ろうぜき)を許さないというつながりをつくる」と力を込めた。
 16日は郡山市で街頭に立つ。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年11月16日土曜日


先頭に戻る