宮城のニュース

ヴォスクオーレ仙台・坂本代表 2部降格は「経営の赤字が理由」

 日本フットサルリーグ(Fリーグ)1部のヴォスクオーレ仙台が来季2部に降格する件で、クラブの坂本理代表は16日、塩釜市体育館で記者会見し、「経営の赤字が理由」と語った。
 坂本代表は、Fリーグ側が1、2部を分ける明確な基準を公表していないため対応に苦慮したという。今後については「今季の残り試合を全力で戦い抜き、来季は1年で1部復帰できるよう経営と競技力の両面を強化する」と話した。


2019年11月17日日曜日


先頭に戻る