宮城のニュース

令和に描く夢つかもう 年末ジャンボ発売 仙台

年末ジャンボ宝くじの販売開始をPRする行員=20日午前、仙台市青葉区のみずほ銀行仙台支店前

 1等と前後賞合わせて10億円が当たる年末ジャンボ宝くじが20日、全国で一斉に発売され、令和に描く夢への切符を多くの人が買い求めた。
 仙台市青葉区のみずほ銀行仙台支店には、午前9時の発売から購入者が訪れた。10枚買った青葉区の主婦森孝子さん(62)は「当たったら夫婦で大型クルーズ船に乗って世界一周したい。クロアチアやギリシャ、アフリカ大陸を見て回りたい」と声を弾ませた。
 当せん本数は1等(7億円)23本、1等の前後賞(1億5000万円)46本、2等(1000万円)69本など。1等3000万円が72本ある「年末ジャンボミニ」も同時発売された。
 いずれも1枚300円で、販売は12月21日まで。抽せんは同月31日に東京で行われる。
 昨年の宮城県内での1等当せんはジャンボ、ジャンボミニともになかったが、2等は各1本出た。


関連ページ: 宮城 経済

2019年11月20日水曜日


先頭に戻る