宮城のニュース

桜井氏の離党届受理 国民民主党

 国民民主党は20日の総務会で、桜井充参院議員(63)=宮城選挙区=が提出していた離党届を受理した。除籍(除名)処分にはしなかった。小林正夫総務会長は「直ちに他党へ入党せず、当面は会派に残ることを踏まえた」と記者団に説明した。
 総務会後、桜井氏は「これで一区切りとなった。当面は無所属で活動したい」と述べた。新自由主義を見直す超党派の議員連盟発足を目指し、与党議員と調整を続けているという。
 桜井氏は9月30日、「無所属の自由な立場で格差拡大の是正など社会の在り方を変える政治活動をしたい」と離党届を出した。将来的な選択肢として、自民党入りを否定していない。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年11月21日木曜日


先頭に戻る