宮城のニュース

KYB免震不正 仙台市立病院でオイルダンパー全16基の交換が完了

 油圧機器メーカーKYBグループによる免震・制振装置の検査データ改ざん問題で、仙台市立病院(太白区)に設置された同社製オイルダンパー全16基の適合品への交換作業が完了したことが20日、分かった。
 市立病院によると、KYB側の作業員が11月2〜9日、地下2階のオイルダンパーを交換した。市に新たな費用負担は生じず、診療業務への影響もなかった。
 データ改ざん問題は2018年10月に発覚した。市立病院は13基のダンパーで不正が見つかったが、全てを適合品に取り換えた。


関連ページ: 宮城 社会

2019年11月21日木曜日


先頭に戻る