宮城のニュース

宮城・加美の民家に強盗 数人の男携帯奪い逃走

現場の民家を調べる捜査員=午後3時45分ごろ

 20日午後1時10分ごろ、宮城県加美町鹿原の民家の玄関先で、3〜4人組の若い男らが住人の会社社長の男性(69)を脅し、携帯電話1台を奪って逃走した。加美署は強盗事件として男らの行方を追っている。
 同署によると、訪ねてきた男らが突然、玄関先で応対した男性の腕をつかんで「金を出せ」などと脅迫した。家の中から様子を見ていた妻が大声を出して隣家に助けを求めると、男らは男性の胸ポケットに入っていた携帯電話を持ち去った。男性にけがはなかった。
 男の1人は20歳前後の身長約170センチ、痩せ形でフード付きの黒いジャンパーに白い帽子を着けていた。男らは銀色っぽい軽ワゴン車に乗っていたとの近隣住民の証言もある。
 現場は町西部の薬莱山麓にある静かな集落で、男性宅は奥まった場所にある。隣家の男性(75)は「こんな所で物騒な事件が起きるとは」と驚いていた。
 事件を受け、集落内の鹿原小(児童29人)は集団下校などの対応を取った。


関連ページ: 宮城 社会

2019年11月21日木曜日


先頭に戻る