宮城のニュース

笑えぬ手口お笑いで 特殊詐欺防止月間で広報大使「ニードル」 宮城県警が感謝状

感謝状を受け取る伊藤さん(左)と石垣さん

 宮城県警は19日、電子マネーをだまし取る特殊詐欺を防ぐため10月に実施した「声かけ強化月間」の広報大使を務めた東松島市出身のお笑いコンビ「ニードル」の伊藤政仁さん(34)、石垣進之介さん(34)に感謝状を贈った。
 県警本部であった贈呈式で、強化月間中の被害は1件にとどまったことが報告された。県警の沼田光二生活安全部長が「2人の発信力が被害を食い止めた」と述べ、感謝状を手渡した。
 ニードルは強化月間中、ラジオ番組などで注意喚起に努めた。伊藤さんは「身近でも詐欺が発生していると知り驚いた」と話し、石垣さんは「手口などを笑いのネタにすることで被害を防ぎたい」と誓った。
 強化月間は、県警とコンビニ7社が連携し、2万円以上の電子マネーを購入した客に注意を促す取り組み。今回初めて実施した。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2019年11月21日木曜日


先頭に戻る