広域のニュース

バスケ3人制男子の代表候補合宿 小松、豊富な経験に自信

バスケットボール3人制男子日本代表候補合宿でプレーする小松

 2020年東京五輪の新種目となるバスケットボール3人制で、開催国枠での出場が決まった男子日本代表の強化合宿が20日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで公開された。
 合宿には小松昌弘(東京DIME、仙台高−筑波大出)や保岡龍斗(B1秋田)、5人制で代表経験があるブラウン・アイラ(B1大阪)や永吉佑也(B1京都)ら候補10選手が参加。
 この日は18日からの合宿の最終日で、実戦形式での練習などが行われた。期間中には、ことしのワールドカップでの映像を見ながら、戦術面での武器や課題の確認もあったという。
 3人制強化責任者のロイブル氏は、スピードを生かしたチームづくりを進める方針で、「メダルを目指して戦う。世界との差はそれほど大きな差ではない」と話した。五輪代表は4人。選考は基本的に今回参加の10選手から、来年1月の次回合宿などを経て、「5月までには6人に絞る」という。


2019年11月21日木曜日


先頭に戻る