山形のニュース

容量2倍のリチウム電池、山形大と宇部興産が開発 ドローンやスマホなど活用期待

リチウムイオン電池の試作品を持つ長尾主席部員(左)とシート状の負極を見せる森下准教授=21日、山形市

 山形大の森下正典産学連携准教授は21日、従来と比べ2倍の容量を持つリチウムイオン電池を開発したと発表した。共同研究を行った宇部興産(山口県宇部市)が開発した特殊な樹脂と、シリコンを混ぜた材料を用いて課題となる電池寿命の短さを克服。ドローン用電池の試作を進めているほか、スマートフォンや車への応用も期待される。2年以内の製品化を目指す。
 森下准教授らは、電池の負極として主流の黒鉛に加え、黒鉛の5〜10倍の容量を持つシリコンと、粘着力が強く柔軟でよく伸びる水系ポリイミド樹脂を混ぜることで、従来通りの電池寿命を維持しながら容量の倍増を実現した。
 シリコンは蓄電に優れる一方、充電と放電時に膨張と収縮を繰り返して粒子同士が剥がれてしまい、電池寿命が短いという欠点があった。今回は水系ポリイミド樹脂が接着剤の役割を果たすことで改善された。
 宇部興産の長尾圭吾主席部員は「水系ポリイミド樹脂を使った電池で実用化レベルに達した例は初めて」と語り、森下准教授は「さらなる容量増に向けて研究を続けていく」と話した。


関連ページ: 山形 経済

2019年11月22日金曜日


先頭に戻る