宮城のニュース

盗撮やセクハラで4人を懲戒処分 宮城県、綱紀粛正を通知

 宮城県は22日、懲戒処分4件を発表した。盗撮とセクシュアルハラスメントをした仙台圏の地方機関の男性主任主査(40)を停職6カ月、盗撮した登米市の地方機関の男性一般職(22)を同3カ月とした。
 県によると、男性主任主査は4月3日、仙台市青葉区の飲食店の男女共用トイレに小型ビデオカメラを設置して動画を撮影。県迷惑防止条例違反の罪で書類送検され、示談成立後に起訴猶予となった。同僚女性を複数回にわたってホテルに誘うなどした。
 男性一般職は7月8日、職場の建物の女子トイレに侵入し、スマートフォンで動画を撮影。同条例違反の罪で略式起訴され、罰金30万円の略式命令を受けた。11月22日に依願退職した。
 懇親会で女性職員の体を執拗に触ったり性的関係を迫ったりした農政部の男性技術主幹(49)、パソコン3台をたたき壊した仙台市の地方機関の男性技術主幹(56)は、いずれも減給10分の1(4カ月)とした。
 セクシュアルハラスメントでの懲戒処分は2010年以降9年ぶり。県は綱紀粛正に関する緊急通知を庁内に出した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年11月23日土曜日


先頭に戻る