宮城のニュース

丸森・特産品を買って復興応援 仙台でフェア

丸森町を支援しようと開かれている復興応援フェア

 台風19号による被害が甚大だった宮城県丸森町の特産品販売を行う「復興応援フェア」が23日、仙台市青葉区の藤崎本館前で始まった。藤崎が、同町の地域商社「GM7」と連携して実施した。24日まで。
 町の農家が生産するブランド米「いざ初陣」や同町産米を使ったクラフトビール、米粉麺、野菜などが並び、GM7スタッフらが、買い物客に売り込んだ。
 ラッキョウを購入した若林区の主婦佐藤明枝さん(71)は東日本大震災の津波で自宅が流失した経験を振り返り、「少しでも丸森の復興に貢献したい」と語った。
 蜂蜜を販売した「石塚養蜂園」(丸森町耕野)のスタッフ藤田儀徳さん(47)は「丸森の特産品を多くの方に知ってもらいたい」と笑顔を見せた。
 24日は午前10時〜午後5時。


関連ページ: 宮城 経済

2019年11月24日日曜日


先頭に戻る