宮城のニュース

<B2仙台>東京Zに快勝 首位浮上

仙台―東京Z 第2クオーター、相手選手と競り合いながらゴール下へ切り込む仙台・沢辺(右)(庄子徳通撮影)

 23日、仙台市のゼビオアリーナ仙台などで行われ、東地区の仙台は中地区の東京Zに87−65で快勝した。仙台は通算14勝6敗で、首位に立った。
 青森は中地区の東京EXに71−100で、山形は西地区の愛媛に72−100でそれぞれ敗れた。青森は7勝13敗で5位、山形は4勝17敗で6位。
 仙台は24日も東京Zと戦う。

◎主導権握り大勝

仙台(14勝6敗) 87 19―15 65 東京Z(6勝14敗)
             27―12
             24―21
             17―17
▽観衆 3101人(ゼビオ)

 仙台は、インサイドへの攻撃を中心に得点を重ねて大勝した。立ち上がりから片岡が果敢にドライブを決めて主導権を握った。第2クオーター以降は外へ攻撃の幅を広げ効果的に3点シュートが決まり、点差を広げた。


2019年11月24日日曜日


先頭に戻る