宮城のニュース

<マイナビ仙台>きょう皇后杯初戦

皇后杯初戦に向けた練習のミニゲームで右サイドをドリブルで駆け上がる高平

 サッカー女子、なでしこリーグのマイナビベガルタ仙台レディース(仙台)は24日、長野県佐久市の佐久総合運動公園陸上競技場で皇后杯2回戦でJFAアカデミー福島(静岡)と対戦する。午前10時30分開始予定。過去最高の4強越えを目指し、初戦で高校世代の挑戦を受ける。
 20日は仙台市のマイナビベガルタ仙台泉パークタウンサッカー場で調整。2日のリーグ戦最終節で今季初先発を果たしたDF高平らが10対10のミニゲームなどで体を動かした。
 仙台はリーグ戦を8位で終え、辛くも1部残留が決定。DFにけが人が相次ぐ中、まずは7年連続の8強入りに向けて残る選手の奮起が求められる。
 JFAアカデミー福島は1回戦で全保連琉球デイゴス(沖縄)を2−0で下した。全国から選抜された選手が中高一貫で指導を受け、前回は初戦でちふれAS埼玉(なでしこ2部)を破るなど力がある。
 辛島監督は「皇后杯は今季の集大成なので、来季を見据えてチャレンジしたい。自分たちがやってきたことを出せれば問題ない」と話した。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2019年11月24日日曜日


先頭に戻る