宮城のニュース

<楽天>仙台でファン感謝祭 今江、戸村、西宮 最後の勇姿に拍手

引退セレモニーでチームメートに胴上げされる今江

 今季限りで現役引退する東北楽天の今江、戸村、西宮が24日、仙台市の楽天生命パーク宮城であったファン感謝祭で引退セレモニーに臨んだ。スタンドからは、長くチームを支えた3人に温かい拍手と声援が送られた。
 2016年にロッテからフリーエージェント(FA)移籍し、来季は育成コーチを務める今江は「偉大な先輩、同級生、かわいい後輩、ファンの方々に恵まれた」と涙ながらに語った。
 10年に立大からドラフト1位で入団した戸村は「評価に見合う成果を出せなかったのが悔しい。この10年間、楽しいことはほとんどなかったが、登板前の緊張感を味わえないのはさみしくなる」と声を震わせた。
 14年に横浜商大からドラフト5位で入った西宮も「至らぬ点もあったが、監督、コーチ、選手の温かい指導がありがたかった。プロ選手としての経験を生かしていく」と涙を浮かべた。
 戸村、西宮は来季、チームの打撃投手を務める。


2019年11月25日月曜日


先頭に戻る