宮城のニュース

海保のヘリ公開、海猿も訓練実演 岩沼・仙台航空基地

飛行機を模した乗り物を楽しむ小学生

 宮城県岩沼市下野郷の第2管区海上保安本部仙台航空基地が24日、一般公開され、大勢の家族連れなどが訪れた。
 海難救助に使われる航空機やヘリコプターなど6機を展示。「海猿」の愛称で知られる機動救難士が飛行中のヘリから要救助者をつり上げて助ける訓練を実演した。海保のイメージキャラクター「うみまる」「うーみん」との記念撮影コーナーなどもあった。
 飛行機を模した乗り物に乗った気仙沼市階上小1年の佐藤結月(ゆづき)さん(7)は「飛ぶときにどきどきした」と楽しんだ様子だった。


関連ページ: 宮城 社会

2019年11月25日月曜日


先頭に戻る