宮城のニュース

宮城県民会館移転で知事、年明け仙台市長と会談

 仙台市青葉区の東京エレクトロンホール宮城(県民会館)と県美術館を移転・集約する県方針を巡り、村井嘉浩知事は25日の定例記者会見で、郡和子仙台市長と年明けにも公開の場で意見交換する方針を示した。
 村井知事は22日に県庁で郡市長と会談し、県の移転方針を説明したことを明らかにした。県の有識者懇話会が12月にまとめる県有施設再編方針の中間案を仙台市が検討し、改めて意見を交わすことで一致したという。
 村井知事は「JR仙台駅を中心に(西口と東口で)バランス良く集客できるのは、仙台市の街づくりにとってマイナスではないのではないか」と説明した。
 県美術館の現在の建物や跡地の利活用に関しては「現時点ではっきりと言えない。関係者の意見を聞き、慎重に考えたい」と述べた。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年11月26日火曜日


先頭に戻る