宮城のニュース

<楽天>青山2000万円増で更改 岡島は750万円減

記者会見で笑顔を見せる青山

 東北楽天は25日、仙台市の球団事務所で、青山、久保、西口の3投手、岡島、山下両捕手の計5選手と来季の契約を交わした。
 青山は今季2勝4敗、防御率2.70を記録。2000万円増の7000万円でサインし「球団から1年間ありがとうと言ってもらった」と満足そうに話した。
 岡島は750万円減の2700万円で契約した。「来年もイーグルスでやれて、ありがたい。精いっぱいやるだけ」と意気込んだ。
 今季31試合に出場した山下は50万円増の1250万円でサインし「途中出場して流れを変えてくれたと評価してくれた」。2勝1敗、防御率2.82の久保は100万円増の1800万円で更改し「来年迎える40歳までやることを一つの目標にしていた。来季もプレーできてうれしい」と語った。
 1軍登板のなかった西口は現状維持の630万円。「春先に肘のコンディション不良で出遅れてしまい、とてもがっかりしたシーズンだった」とコメントした。(金額は推定)


2019年11月26日火曜日


先頭に戻る