福島のニュース

アイリスプロダクト 南相馬に新工場設置 人工芝など製造22年3月稼働

 アイリスオーヤマの関連会社アイリスプロダクト(仙台市)は、南相馬市にある復興工業団地に、人工芝などを製造する新工場を建設する。総投資額は50億円で、従業員50人以上を新規雇用する。2021年1月着工、22年3月稼働を予定する。
 敷地面積約2.4ヘクタールに、鉄骨2階の工場1棟を建設。人工芝に加え、脱酸素剤、建築建材などを製造する。ロボットやIT、IoT(モノのインターネット)を活用し、受発注予測や生産計画管理のシステムを導入する。
 人工芝は現在、アイリスオーヤマの子会社アイリスソーコー(仙台市)が大分県の工場で製造。サッカー場や学校、公園で需要が伸びており、生産拠点を増やして対応する。
 また、アイリスグループは新工場で地元製造業者の産業用ロボット導入を支援するほか、工業団地に隣接する「福島ロボットテストフィールド」の活用促進に取り組む。
 工業団地では、ロボットシステムの開発や加工を手掛けるロボコム・アンド・エフエイコム(東京)が新工場建設を決定。アイリスプロダクトは進出を表明した2番目の企業となる。
 同社は6月発足し、売り上げ目標は年間50億円を掲げる。アイリスオーヤマの担当者は「浜通りの持続的成長には新たな産業基盤の構築が必要。被災企業として日本が直面する課題解決に取り組み、復興支援を続けていく」と話した。


関連ページ: 福島 経済

2019年11月26日火曜日


先頭に戻る