宮城のニュース

<楽天>島内2200万円増の1億円 岸は現状維持3億円

記者会見で今季を振り返る岸

 東北楽天は26日、仙台市の球団事務所で、岸投手、島内外野手、藤田、内田の両内野手の計4選手と来季の契約を結んだ。
 けがや体調不良の影響で3勝5敗だった岸は現状維持。「チームに申し訳ない1年間だった。来年は貢献できるようにしたい」と語った。
 島内は2200万円増の1億円で更改。「頑張らないといけない。欲を持ってやらないとうまくならないので、今後も上を目指したい」と意気込んだ。
 藤田は野球協約の減額制限(1億円以下は25%)を超える約45%、3000万円の減。「悔しいシーズンだった。受け止めて、来季にぶつけたい」と雪辱を誓った。
 1軍で2試合の出場にとどまった内田は200万円減。「今年は何もできなかった。来年はいい姿を見せられるようにしたい」と話した。(金額は推定)


2019年11月27日水曜日


先頭に戻る