宮城のニュース

<ベガルタ>松下、今季絶望 G大阪戦で右足首の靱帯損傷

松下佳貴選手

 J1仙台は26日、MF松下佳貴(25)が右足首靱帯(じんたい)損傷で全治6〜8週間の見込みと診断されたと発表した。23日のG大阪戦で負傷退場し、仙台市内の病院で精密検査を受けた。12月7日の最終節の広島戦までの復帰は難しくなった。
 松下は神戸から今季加入。主にボランチとして第8節からG大阪戦まで25試合連続で先発し、3ゴールをマークするなど攻守で中盤を支えた。


2019年11月27日水曜日


先頭に戻る