宮城のニュース

大理石に響く生演奏、出演者と聴衆に好評 仙台ガーデンパレスでロビー開放、日曜日にぎわいづくり

大理石のロビーで演奏する多賀城吹奏楽団メンバー=24日、仙台市宮城野区の仙台ガーデンパレス

 仙台市宮城野区榴岡4丁目のホテル「仙台ガーデンパレス」が、5月から日曜日の1階ロビーをコンサート会場として、無料開放している。10回目の演奏会が24日にあり、多賀城市のアマチュア団体「多賀城吹奏楽団」が出演し、重厚感ある調べを響かせた。ホテルの利用客でなくても入場無料で楽しめるため、出演者と聴衆の双方から好評だ。

 ロビーコンサートは、音楽愛好者から発表の場が欲しいとの声が届き、利用客の少ない日曜のにぎわいづくりを目的に始まった。
 ロビーは聴衆が50人ほど入るスペースがあり、2階までが吹き抜けで開放的。大理石に覆われ、高級感が漂い、出演者から「音が響き、歌唱や少人数の演奏にいい」と喜ばれている。
 24日は多賀城吹奏楽団のメンバーが木管楽器のアンサンブルで「星に願いを」など11曲を披露した。楽団の音楽監督で貞山高教諭の鈴木治さんは「コンテストに参加しないグループなので、不特定多数の前で発表できる場はうれしい。また出演したい」と語った。
 ロビーコンサートの予定は、ホテルのホームページに掲載中。ホテルによると、来年3月までの一部の日曜に空きがあるという。
 佐藤隆一営業課長は「コンサートは木管楽器やピアノの演奏会、コーラスやジャズの披露などジャンルはさまざま。口コミで広がり、リピーターも多い。日頃の練習成果を披露する場にしてほしい」とPRする。
 連絡先は仙台ガーデンパレス022(299)6211。


関連ページ: 宮城 社会

2019年11月28日木曜日


先頭に戻る