岩手のニュース

市長給料を増額 岩手・陸前高田市が方針表明

 岩手県陸前高田市は28日、市長の月額給料を現行の65万6000円から77万円に引き上げる方針を表明した。岩手県内の他市町村に比べて低すぎると判断した市特別職報酬等審議会の答申を受け、29日開会の12月定例市議会に改正条例案を提出する。
 市によると、市長の給料額は県内33市町村中27番目。原案通り来年4月に施行されると14番目になる。
 前市長の故中里長門氏が2003年の市長選で給料の20%削減を公約に掲げて当選。11年に戸羽太市長が初当選した後も、これを継続していた。
 以前から市議会に審議会開催を求める声があり、2月の市長選と9月の市議選を経て11月、特別職給料と議員報酬について審議会に諮問していた。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2019年11月29日金曜日


先頭に戻る