宮城のニュース

石巻市役所1階の商業スペースにイオン系スーパー出店 早ければ来春にも開業

核テナントの不在が続いている石巻市役所1階

 約2年半にわたって核テナント不在が続く石巻市役所1階の商業スペースに、イオンリテール(千葉市)のスーパーが出店することが29日、分かった。
 早ければ来春にも開業する見込み。同社と市は12月2日に市役所で出店合意書を取り交わす。
 同社はスーパー「イオン」やミニスーパー「イオンエクスプレス」を全国で展開。石巻市内にはイオン石巻店などがある。
 市役所1階は約4500平方メートル。2008年から17年5月までスーパー「エスタ」が入居していた。
 同店は東日本大震災の津波で被災。営業を継続したが周辺人口の減少などで売り上げが伸び悩み、撤退した。同フロアに出店していた飲食店など14テナントは、庁舎の改修工事に伴い18年8月に閉店した。
 核テナントを巡り、市は17年12月に公募型プロポーザル、18年6月に制限付き一般競争入札で出店者を募ったが不調に終わり、事業者の誘致に切り替えて交渉を進めていた。


2019年11月30日土曜日


先頭に戻る