広域のニュース

東北関係国会議員 18年政治資金 収入首位、遠藤氏1.8億円

 総務省が29日公開した2018年分の政治資金収支報告書によると、東北関係国会議員のうち複数の都道府県で活動する資金管理団体や政治団体、政党支部が総務相に届け出た。
 主な団体の収入、支出は表の通り。収入最多の団体は遠藤利明氏の「新風会」で1億8759万円。このうち政治資金パーティーなどの事業による収入は9753万円だった。
 江渡聡徳氏の「聡友会」が1億4726万円、小沢一郎氏の「陸山会」が1億2706万円で続いた。
 自らの関係団体間の資金移動による重複分を差し引いた議員別の収入では、遠藤、江渡、小沢、井上義久、木村次郎、安住淳の6氏が1億円を超えた。
 18年の閣僚経験者の収入は、鈴木俊一前五輪相の「清鈴会」が6986万円、根本匠前厚労相の「匠フォーラム」が4668万円、小野寺五典元防衛相の「事の会」が3779万円。大島理森衆院議長の「大島理森政経会」は3886万円だった。
 同一県内で活動する政治団体などは、各県の選管に報告書を提出している。


関連ページ: 広域 政治・行政

2019年11月30日土曜日


先頭に戻る