宮城のニュース

「光の杜 本番もうすぐ」 仙台でページェント試験点灯

本番に向けて試験点灯されたページェント。居合わせた市民らは一足早く光のショーを楽しんだ

 12月6日開幕の「SENDAI光のページェント」を前に、実行委員会は30日夜、会場となる仙台市青葉区の定禅寺通でイルミネーションを試験点灯した。
 午後7時ごろ、東二番丁通交差点−市民会館間で、ケヤキ並木160本に取り付けた発光ダイオード(LED)電球約60万個を一斉に点灯。メンバーが配線の不具合や電球の破損を点検して回った。
 居合わせた市民は一足早く咲いた光の花に歓声を上げた。仙台青陵中教校1年浜口倖良(さら)さん(13)=宮城野区=は「急に光ってきれいだった。本番が始まったら友達と来たい」と話した。
 開幕後は午後5時半から日−木曜は午後10時まで、金、土曜と22、24日は午後11時まで、最終日の大みそかは元日午前0時まで点灯する。連絡先は022(261)6515。


関連ページ: 宮城 社会

2019年12月01日日曜日


先頭に戻る