宮城のニュース

「一定額を貯蓄に」 資産づくり助言 仙台でマネーフェア

分散投資や長期運用の有効性を説明する水野さん

 人生設計と資産づくりについて専門家の助言を聞く「マネーフェア2019」(河北新報社主催)が30日、仙台市青葉区の河北新報社で開かれた。
 ファイナンシャルプランナー水野綾香さんと、証券会社勤務経験のある元政治家のタレント杉村太蔵さんが講演した。
 水野さんは年金や社会保障を取り巻く状況が厳しくなる中、長期の積み立てや分散投資で将来に備える重要性を説明。「給料を受け取ったら先に一定額を自動的に貯蓄に回す仕組みを利用すると投資資金が準備しやすい」と述べた。
 銀行、証券、不動産など八つの企業・団体によるセミナーやブース出展もあった。不動産会社の担当者は物件取得時の注意点を挙げ「表面利回りではなく経費を差し引いた実質利回りを重視して」「書類は備考欄まで読もう」と促した。
 フェアは1日も開催し、出展ブースは当日来場が可能。


関連ページ: 宮城 経済

2019年12月01日日曜日


先頭に戻る