宮城のニュース

藍の世界幻想的に 川崎・国営みちのく杜の湖畔公園

電飾で彩られ、幻想的な風景が広がる園内=11月30日

 宮城県川崎町の国営みちのく杜の湖畔公園を電飾で彩る「冬のイルミネーション」が始まった。
 発光ダイオード(LED)電球約12万個がともると、冬の夜に幻想的な藍色の世界が現れる。「星座」「流星」「星の洞窟」のゾーンに分かれ、宇宙空間を演出した。
 開園30周年を祝うイルミネーションも。担当者は「冬のイルミネーションは今回が最後になる。ぜひ見に来てほしい」と呼び掛ける。
 今後の開催予定は7、8、14、15、21〜25日の午後4時半〜9時。連絡先は公園管理センター0224(84)5991。


関連ページ: 宮城 社会

2019年12月02日月曜日


先頭に戻る