宮城のニュース

岩沼・エアポートマラソンに2200人 復興の道のり駆ける

号砲とともにスタートを切った選手たち

 第28回いわぬまエアポートマラソン(岩沼市、市教委、市体協、河北新報社主催)が1日、岩沼市陸上競技場を発着点に行われた。
 メインの男子10キロA(高校生以上39歳以下)の部は、岩沼市の大沢太一(31)=自衛隊東北補給処=が31分42秒で、6年ぶり2度目の優勝を果たした。
 レースには県内外の約2200人がエントリー。コースは市東部の田園地帯を走る1.5〜10キロで、出場者は男女別、年代別に計23種目でタイムを争った。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2019年12月02日月曜日


先頭に戻る