宮城のニュース

仙台に女性専用シェアオフィス開設 多様な働き方を後押し

シェアオフィスの利用者が交流を深めるカフェラウンジ=仙台市宮城野区

 仙台市青葉区の不動産業アル・エルは1日、宮城野区榴岡4丁目のパルシティ仙台に女性専用のシェアオフィス「URL(ユー・アール・エル)」を開設した。防犯上の理由で自宅にオフィスを構えられないフリーランスや、テレワークで子育てと両立して働く会社員を想定。若い母親を対象にしたイベントも企画し、参加者に女性の働く場を身近に感じてもらう。
 「UNITED(つながる) RINGS(輪) for LADY(女性)」の頭文字をとった。月額は個室5室(10〜13平方メートル)を9万9000〜12万円に、半個室3室(各5平方メートル)を6万円に、20席のフリーデスクを2万円に設定。空き個室は当面の間、時間貸しする。カフェラウンジもある。
 女性スタッフが常駐し、生理用品や頭痛薬を備える。個室の一部はネイルサロン用に掃除しやすいフローリングを施した。
 ソフトウエア開発のアンデックス(青葉区)は働き方改革の一環で、サテライトオフィスを置いた。利用する子育てアプリの編集担当福田美穂さん(36)は「時間の融通が利き、小学生の子どもに何かあったときに駆け付けられるので安心。情報交換の場になり、仕事にも役立つ」と話す。
 会議室では、ボランティア団体ママカフェ仙台(宮城野区)が母親同士の趣味を生かした講座を開く予定。オフィス利用者との交流で、母親が社会に出るきっかけづくりもする。
 ママカフェ代表で、URL運営マネジャー大久亜希さん(31)は「育児を機に仕事から離れた女性は多い。社会で個性を発揮できるよう後押しをしたい」と話している。
 利用時間は午前9時〜午後6時。連絡先は022(778)3336。


関連ページ: 宮城 経済

2019年12月03日火曜日


先頭に戻る