宮城のニュース

<栗原ウイーク>撮ラベル/瀬峰・寄せ植えリース 根付き生花 生活彩る

大場さん(左)の指導を受けながら季節の花でリースを作る

 生花を根付きのまま組み合わせる「ギャザリング」という寄せ植えの技法でリースを作る教室が11月22日、宮城県栗原市瀬峰根岸の「花カフェ 花音(かのん)」であった。
 参加者はビオラやスミレなど50種類から数種類を選び、花束のように組み合わせた。土の入った器に植え込むと完成。根付きのため半年ほど生き、花が成長する様子も楽しめる。
 参加した石巻市の主婦阿部登志子さん(63)は「本当に華やか。玄関に飾って楽しみます」と満足そうだった。
 店は3年前、大場育さん(58)が自宅近くに開き、昼食を楽しめるカフェも併設する。大場さんは「花と触れ合い、おしゃべりを楽しみ、日頃の疲れを癒やしてほしい」と話す。


関連ページ: 宮城 社会

2019年12月04日水曜日


先頭に戻る