宮城のニュース

グループ客、お得に関西へ 仙台空港・往復便で来年1、2月キャンペーン

 官民組織の仙台空港国際化利用促進協議会(仙台市)と仙台国際空港(名取市)は2020年1、2月、関西への旅行客向けの「おもいっきり関西キャンペーン」を初めて実施する。閑散期に観光客を増やすのが狙い。
 対象は1月6日〜2月29日に仙台−伊丹、関西国際、神戸の往復便を利用する3人以上のグループ客。仙台空港でアンケートに答えると、同空港駐車場が最大3日間無料になり、空港内で使える1000円分のクーポンをもらえる。抽選で大阪市内の交通機関の周遊パスか神戸市の観光施設の入場券が当たる。
 仙台と関西を結ぶ往復便は1日当たり伊丹16、関西3、神戸2の計21便ある。旅行客が少なくなる冬季の利用促進に向け、航空会社5社、日本旅行業協会東北支部、大阪と神戸の観光局と連携して企画した。
 仙台国際空港の担当者は「キャンペーンをきっかけに家族や友人同士で誘い合い、関西での観光を楽しんでほしい」と呼び掛ける。


関連ページ: 宮城 経済

2019年12月05日木曜日


先頭に戻る