宮城のニュース

生徒にわいせつ 仙台の市立高教諭免職

 仙台市教委は4日、女子生徒にわいせつな行為をしたとして、市立高の男性教諭(47)を懲戒免職処分としたと発表した。被害生徒の特定につながるとして、男性教諭の氏名や学校名は明らかにしなかった。
 市教委によると、男性教諭は8月下旬、女子生徒の私生活に関する相談に乗った際、上司や保護者の了解を得ず、生徒と携帯電話の番号と無料通信アプリ「LINE(ライン)」の連絡先を交換。同月末には生徒を自宅に誘い、キスをしたり胸を触ったりした。
 女子生徒が9月末、別の教諭に相談して発覚した。男性教諭は市教委の聞き取りに「女子生徒に好意を持っていた」と説明したという。男性教諭は10月から精神疾患などを理由に学校を休んでいた。
 市教委は上司の校長も訓告処分とした。今後、警察と相談しながら刑事告発するかどうか判断する。
 谷田至史教育人事部長は記者会見し「被害生徒、保護者に大変申し訳ない。綱紀粛正と服務規律の確保を徹底したい」と陳謝した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年12月05日木曜日


先頭に戻る