宮城のニュース

岩沼・竹駒神社で大絵馬掛け替え 縁起物作りも開始

随身門に掲げられた大絵馬=5日、岩沼市の竹駒神社

 宮城県岩沼市の竹駒神社は5日、来年のえとのネズミを描いた大絵馬を境内の随身門に掲げた。令和初の新年を控え、初詣客を迎える準備が着々と進んでいる。
 大絵馬は2枚で、それぞれ縦1・8メートル、横3メートル、重さ80キロ。おはらいの後、神社職員ら5人が随身門の左右に取り付けた。白いネズミの絵に「開運招福」との願いを込めた。
 社務所では、神職とみこの4人が縁起物の鏑(かぶら)矢(や)作りを始めた。木製の矢に鈴と絵馬、短冊、吹き流しを手際よく付け、次々と仕上げた。1万5000本を用意する。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2019年12月05日木曜日


先頭に戻る