岩手のニュース

岩手競馬が7日再開 全頭検査終了「公平性は担保」

 岩手県競馬組合(管理者・達増拓也知事)は4日、所属する競走馬から相次いで禁止薬物の筋肉増強剤ボルデノンが検出されたのを受けて休止していた主催レースを7日に再開すると発表した。全頭検査を終え「公正性は担保された」と判断した。
 薬物検出を受け、運営する盛岡(盛岡市)と水沢(奥州市)の両競馬場では警備員を増員し、監視カメラを増設した。記者会見した組合の内宮明俊副管理者は「現時点で取り得る対策は全て講じた」と話した。
 現在も実施している厩舎(きゅうしゃ)エリアでの関係者の手荷物検査は今後、時期をランダムにし、回数も増やす。餌と寝わらの抜き打ち検査も実施する。
 4日までに終了した所属全722頭の検査では、盛岡競馬場にある2厩舎の計7頭からボルデノンが検出された。2厩舎に所属する計56頭は、薬物が検出されなかった馬も含めて7〜9日開催のレースへの出走を自粛し、再度検査する。
 内宮副管理者は「競馬ファンに深くおわび申し上げたい。対策をしっかり実行し、魅力あるレースで信頼回復に努めたい」と話した。


関連ページ: 岩手 社会

2019年12月05日木曜日


先頭に戻る