宮城のニュース

光のページェント シンボルツリー、今年も「スーモ」

 SENDAI光のページェントで、仙台市青葉区の勾当台公園市民広場のシンボルツリーは、今年も住宅情報サイト運営リクルート住まいカンパニー(東京)の協力で、同社のキャラクター「スーモ」が彩る。
 「スーモわくわくツリー」と題し、高さ約30メートルのヒマラヤスギを約5万個の発光ダイオード(LED)電球で輝かせる。点灯期間はページェントと同じ。
 会場では6、21、22日の3日間、スーモの着ぐるみと写真撮影ができる。21、22日はスーモのぬいぐるみや文房具が当たる抽選会を開催。コンビニエンスストアなどで配布する無料冊子「スーモマガジン」(11日発行)持参で参加する。


関連ページ: 宮城 社会

2019年12月06日金曜日


先頭に戻る