宮城のニュース

<せんだい仕事人>住宅購入 助言親身に/エスワークスプロジェクト社長 反田快舟さん(68)

 マイホーム選びを手伝う「おうちの相談窓口」のフランチャイズ店を仙台市泉区南光台で経営する。仙台近郊のモデルハウスの見学ツアーを独自に組み、中立な立場で利用者の疑問に答えるのが特徴だ。「一生に一度の買い物。後悔のないようワンストップでサポートしたい」と意気込む。
 山口県出身。経営コンサルタントとして赴任した仙台を気に入り、1999年に独立した。住宅関連約150社の経営相談を行った経験を生かし、昨年現会社を設立。紹介できる44の住宅会社のうち、8割以上は地元だ。「知名度がなくても良い工務店はある。アフターメンテナンスも頼みやすい」
 ファイナンシャルプランナーとして資金計画を重視する。「住宅ローンの負担が大きく、暮らしに余裕がないのは本末転倒だ」と強調する。十分な資金がなければ、住宅購入の先延ばしを助言することもある。
 「今の仙台はミニバブル」と評する。若林区荒井や太白区富沢といった市地下鉄沿線で地価が高騰した。立地を優先すると、住宅は二の次になる。「建物こそ大切にしてほしい。そのために立地の代替案を示したい」と語り、宅地を巡るツアーも企画する。


2019年12月06日金曜日


先頭に戻る