宮城のニュース

仙台に光の回廊出現【点灯式の動画はこちら】

光のページェントが開幕し、ケヤキ並木は約60万個の電球が輝く回廊に変わった=6日午後7時ごろ

 仙台市の冬の風物詩で、令和最初の「SENDAI光のページェント」が6日、青葉区の定禅寺通で始まった。シンボルロードのケヤキ並木が輝く回廊に変わり、師走の杜の都を包んだ。31日まで。
 点灯式がせんだいメディアテーク前であり、160本のケヤキに取り付けた約60万個の電球が輝くと、一斉に歓声が上がった。市民や観光客はスマートフォンやカメラを手に、幻想的な並木道をゆっくり歩いた。
 東二番丁通交差点―市民会館前の約700メートルが会場。午後5時半に点灯し、終了は日―木曜が午後10時、金、土曜と22、24日が午後11時、31日は午後12時。

【点灯式の動画】ツイッターで見られます
https://twitter.com/kahoku_shimpo/status/1202867012231299075


関連ページ: 宮城 社会

2019年12月06日金曜日


先頭に戻る