宮城のニュース

仙台二華中4.50倍 公立中高一貫校出願

 宮城県教委と仙台市教委は6日、公立中高一貫校の2020年度入学者選抜の出願者数を発表した。県立の仙台二華中は募集定員105人に対し473人が出願。倍率は前年度比0.14ポイント下がって4.50倍となった。
 県立の古川黎明中は定員105人に対して224人の出願があり、倍率は0.07ポイント低下の2.13倍だった。仙台市立の仙台青陵中等教育学校は定員140人に対し、305人が出願。倍率は0.28ポイント上昇し、2.18倍となった。
 適性検査は3校とも20年1月11日に実施。同17日に選抜結果を郵送する。


関連ページ: 宮城 社会

2019年12月07日土曜日


先頭に戻る