宮城のニュース

<ベガルタ>きょう最終節 広島戦

最終節を前にした練習で田中(左)、椎橋(右)の動きを見つめる渡辺監督

 J1仙台は7日、広島市のエディオンスタジアム広島でリーグ戦最終節の広島戦に臨む。午後2時開始予定。現在11位で勝敗によって順位が変わる可能性は限りなく低いが、勝利で今季を最高の形で締めくくりたい。
 5日は非公開で攻守の連係などを確認。6日は仙台市泉サッカー場で今季最後の全体練習を公開し、紅白戦で最終調整した。練習開始前には選手とスタッフが集まったサポーターの前に整列し、代表して主将のDF大岩が「1年間応援ありがとうございました」と感謝を述べた。
 仙台は12勝5分け16敗の勝ち点41。前節は大分に2−0で快勝し、10季連続でJ1残留を決めた。MF関口が左肋骨(ろっこつ)を折るなど離脱者が相次ぎ、梁勇基、田中の両MFらの先発も考えられる。
 広島は14勝10分け9敗の勝ち点52で6位。前節は残留争いにある湘南に0−1で敗れ、4戦連続で白星を逃した。総失点29はリーグで3番目に少なく、日本代表の経験があるMF青山とMF稲垣のダブルボランチを軸に守備が安定。左ウイングバックのMF柏はチームトップの8得点と攻守ともチームを支える。
 J1での通算対戦成績は仙台の6勝5分け10敗。1巡目はホームの仙台が2−1で逆転勝ちした。


2019年12月07日土曜日


先頭に戻る