広域のニュース

河北新報社に銀賞 東北写真記者協 東北楽天新人歓喜の瞬間

新聞部門のスポーツ部門銀賞「ルーキー辰己 初サヨナラ打」
新聞部門奨励賞の「台風死者 宮城13人」

 東北写真記者協会(河北新報社など新聞、通信、放送計48社加盟)は6日、2019年度の優れた報道写真・映像に贈る各賞を発表した。新聞部門のスポーツ部門銀賞は、プロ野球東北楽天の辰己涼介選手がサヨナラ打を放ち、その喜びを捉えた河北新報社の「ルーキー辰己 初サヨナラ打」(佐藤琢磨記者)が選ばれた。
 河北新報社はほかに一般ニュース部門で「希望胸に新時代へ」(代表・藤井かをり記者)が銀賞、スポーツ部門で「五輪へ飛べ」(川村公俊記者)が銅賞、企画部門で「とうほくドローンeye(四季散策)」(代表・庄子徳通記者)が銅賞を受賞。「台風死者 宮城13人」(白石支局・村上俊記者)が奨励賞に選ばれた。
 協会賞は18年12月〜19年11月に掲載・放送された報道写真、ニュース映像が対象。19年度は新聞部門156点、テレビ部門31点の応募があり、協会員の代表らが選考した。
 他の受賞作品は次の通り。(敬称略)

 【新聞部門】協会賞「台風19号、大雨被害」(福島民報社)、一般ニュース部門金賞「台風19号」(福島民友新聞社)、銅賞「異例の猛暑」永山能久(福島民友新聞社)▽企画部門金賞「あおもり未来人(みらいびと)」工藤弘之(東奥日報社)、銀賞「LOOK!新百景」矢内靖史、永山能久、吉田義広(福島民友新聞社)▽スポーツ部門金賞「熱狂!ラグビーW杯」菊池範正、石森明洋、佐々木真琴(岩手日報社)▽奨励賞「四季彩やまがた2019」堀川貴志、斉藤淳一(山形新聞社)、「明暗」田中倫子(秋田魁新報社)、「佐々木朗希 血染めの19球」小田野純一(岩手日報社)
 【テレビ部門】協会賞「キノコに魅せられた少年」大津英久(東北放送)▽一般ニュース部門金賞「住宅街にクマ出没」三和大剛(秋田放送)▽企画部門金賞「“枠”から見つめる被災地」中村誠(NHK盛岡放送局)▽映像部門金賞「樽幸(たるこう)最後の営業日」荒幸一(青森朝日放送)▽新人部門賞「丸森町のコロッケ屋さん」高橋竜士(東日本放送)▽日本映画テレビ技術協会東北支部賞「稲わら被害も 情熱注ぐ畳床職人」菅野豪史(東北放送)


関連ページ: 広域 社会

2019年12月07日土曜日


先頭に戻る