宮城のニュース

水道みやぎ方式 条例改正案の採決見送りを 仙台市民団体が請願書

 宮城県が水道3事業の運営を民間に委ねる「みやぎ型管理運営方式」の導入を可能にする条例改正案を巡り、仙台市の市民団体は6日、県議会11月定例会での採決を見送り、継続審議とするよう求める請願書を石川光次郎議長に提出した。
 請願書では、みやぎ型方式について「経費削減効果や環境負荷など不透明な部分が多く、議会で審議を尽くす必要がある」と指摘。県民や市町村に対する丁寧な説明も求めた。
 「命の水を守る市民ネットワークみやぎ」共同代表の佐久間敬子弁護士は「民営化以外の方法も含め検討し直すべきだ」と話した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年12月08日日曜日


先頭に戻る